イメージ 2
 
 

今日ご紹介するのは、あくまでも“くぼ田流”です。

こうでなければダメ!ということはありません。
ですので、ここで話してる“くぼ田流”は“自己流”へのたたき台だと
思ってもらえれば良いです。

“くぼ田流”は、最初は安い道具で十分です。弘法筆を選ばずというのは本当です。「道具は良いのを揃えたのに、かけないのよ~」という方を数多く見てきました。良い道具があっても描けるとは限りません。

慣れるうちご自分で、
 ・こんな色を試したい とか、 
 ・あんな筆で描きたい と思うようになりますので、
最初は始めることのほうが大事です。だんだん自分のことが自分でわかるようになってから、どんな道具がより自分にあっているかわかってくるのです。
だから、お小遣い程度の予算で始めることをおすすめしています。


1,500円ではじめる、初心者の絵手紙“10道具”


■画材屋さん、文具店で買うもの
◎①画仙紙(和紙はがき)1,000円~/100枚入
これは必ず買うものです。
普通のはがきで描いた後、画仙紙で描くと
味のある滲み、風合いが出ます。

最近は10枚入で100円~の絵手紙用ハガキもあるようです。

○②竹ペン(味わいがでます)100円くらい
竹ペンは(できれば)買ったほうが良いです。
墨の実線と文字を書くための筆として使います。
普通の筆で書くよりも、引っかかる感じの筆致になって

味わいのある仕上がりになります。

冒頭の写真には、左:竹ペン、右:割り箸が写っています。東京だと、世界堂新宿本店3Fで購入できます。100円くらいです。
地方の方は、インターネットでの購入をお勧めします。葦ペンでもOKです。
もちろん、ご近所の画材屋さんで売っていたらそれで全く問題ないです。

今はネットでは売り切れになっていますが、私が使っているのは下記の竹ペンです。
 ・ホルベイン竹ペン(小)179円
 ・ホルベイン竹ペン(中)179円
 ・ホルベイン竹ペン(大)179円
イメージ 3

※細筆(ナイロン)100円~
竹ペンが購入できない方は、細筆(ナイロン筆)があったほうが良いです。
竹ペンの代わりに細筆で墨の線を描くわけです。
また細かい題材も描けますのでおすすめです。

■100円均一で買うもの
◎③ 筆(丸筆・中太)100円
これは、必ず必要です。色を塗る時に使います。

○④ パレット 100円
あったほうが良いです。
無い場合は、新聞や雑誌をパレット代わりにしても良いです。
水を適度に紙がすってくれて、自分にあった水の量というのがわかってくるというメリットさえあります。私はそうしています。
 

◎⑤ 墨液 100円
墨は必要です。
最初は墨液で問題ないです。


◎⑥ 水彩絵の具(5色~8色程度あれば充分) 100円
絵の具は必要です。はじめは安いもので結構です。 
絵の具の値段は絵の良し悪しと関係ありません。 

少なくとも、赤・青・黄・緑があれば良いでしょう。 
ほかに白、濃い緑、だいだい色、水色まであれば充分です。 

■家にあるもの
⑦水入れ(コップなど) 0円 
筆を洗うために必要ですね。 


⑧墨入れ(小皿など) 0円 
できれば2皿あるといいです。 
薄めの墨を入れる皿(墨を水で薄める)と、墨をそのまま入れる皿。 

 
⑨テッシュペーパー 0円
筆に水をつけすぎたときや、色を変えたいときに使います。


⑩下敷き(新聞紙など) 0円
机が汚れないように。
絵具の試し書きをしながら、水分量を調整します。
古新聞や古雑誌はちょうどよいです。

 
 

絵手紙初心者のための無料お役立ち情報↓


★初心者の、1500円で始める絵手紙10道具


★初心者のための絵手紙の書き方(描き方)


★今月の花を見る


絵手紙教室に参加する。出張絵手紙教室を依頼する↓


東京・王子駅前 絵手紙教室 (第2・4水曜日 15:00~16:15)
⇒詳細へ  ⇒お申し込み


埼玉・東浦和絵手紙教室 (第2・4水曜日 9:30~10:45)
⇒詳細へ    ⇒お申し込みへ


絵手紙の出張教室を依頼する(グループ絵手紙教室)
公民館や施設、お勤め先、ご自宅などで絵手紙教室が開催できます
⇒詳細へ    ⇒お申し込み


絵手紙教室のようす(写真)


東浦和・王子駅前 絵手紙教室の日程はこちら


以上、本日もありがとうございました。

絵手紙教室くぼ田


絵手紙教室くぼ田
1etegami8@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です