輪ゴム式~絵手紙の飾り方(展覧会用)、飾る方法

今日は絵手紙教室の先生や 

絵手紙展主催者さん向けの記事になるのかもしれません。 

 
絵手紙展用の台紙の作り方を紹介します。 
もし参考になりましたら、使い勝手よく自由にアレンジして 
活用していただけたらと思います。 



〈完成イメージ〉


何度か展覧会をして 
モッタイナイな・・と思っていたことがあります。
 
◎台紙の和紙を一度しか使わないのがモッタイナイ  
◎台紙に絵手紙をのりづけすると  
 宛名面に糊が残ってしまう  

それらを解決するために 
今回は展示用台紙の作り方を変えてみました。 



展示用台紙の作り方



ぶあつ過ぎないマット(じゅうたん)を買ってきます。
裏面がゴムで裏打ちしてあるか、妙に硬いので
カッターで切込みを入れても裂けません



マットを裏返してハガキをレイアウトします 



レイアウトしたハガキをなぞって 
四隅と真ん中にマジックで印をつけます 
(マットの裏面をマジック書きすることになります) 



カッターで切込みを入れる 



輪ゴムを通します。 
18号の大きさの輪ゴムが 
ちょうど良いサイズでした。 



表から見たところ 



絵手紙を飾って完成です。 



脱着が簡単で 
展示と片付けがあっという間でした。 

最初に台紙を20枚作るのは大変でした。 

みんなで寄って集っても4,5時間はかかりました(^_^;) 

しかし何度も使えるので 
次からは材料も時間も節約できそうです。 

CDケース式~絵手紙の飾り方、飾る方法

ブログ仲間が今年の正月くらいに書かれていた
「ポストカードを飾る」アイデアがよかったと
教室で話題になったのでまねしちゃいました。
↓これです
 
壁掛け式のCDケース入れですね。最近あまり見かけなくなった気がしますが。
タテにも横にも入ります。
ポケット状になっていて季節ごとに入れ替えるのがカンタンなんです。

たてに3段とかでハサミで切れて1列にも2列にもかえられるので、狭いスペースにも掛けられます。レールに通してもいいし、押しピンで直接壁に留めてもいいとおもいます。額縁としての重さが軽いので飾り方にも小回りがききます。

カンタンでオシャレ!絵手紙短冊の飾り方

今日は絵手紙短冊のカンタンでおしゃれな飾り方を紹介します。Kさんが絵を描いた短冊を上手に飾ってらっしゃいました。



アップで写真を拡大してみますね。 短冊の上のほうに小さい穴を二つ開けて、 和菓子などについているきれいな紐を通しています。重たくないので壁に留めるのは押しピンなどで十分です。

細い短冊だったら縦長の狭いスペースにも壁掛けできてオシャレです。

このように飾り方を工夫することで、高価な短冊の額縁を購入しなくてもインテリアのように絵手紙短冊をかざることができるんだなあ~と思いました。

その他にも、絵手紙の飾り方をいろいろ写真付きでご紹介しています

〈絵手紙教室くぼ田〉