取り外し可能!カンタンな絵手紙の飾り方~マジックテープ式

マジックテープ式、絵手紙の飾り方をご紹介します。これは『絵手紙展覧会』『店舗のインテリア』『施設のインテリア・発表会』向けに便利な方法です。絵手紙展を主催する先生や、店舗経営者、病院や施設でリハビリで絵手紙をやってるホーム長さん・施設長さん向けにおすすめの絵手紙の飾り方です。

この記事が参考になりましたら、飾った様子などを当教室のツイッターに写真で教えていただけるとうれしいですね。また、使い勝手よく自由にアレンジして私にフィードバックしていただけると絵手紙の裾野が広がってゆきますので教えてくれると嬉しいです。

〈写真:完成イメージ〉
マジックテープでくっつけるので、額縁は「けばけば」した手触りの絨毯のような素材を使っています。

前回は上の写真のような輪ゴム式の絵手紙の飾り方を紹介しましたね。それはそれでとても便利でして、短期間の絵手紙展などには重宝するのですが、 一年くらい飾っていると、輪ゴムが紫外線の影響なのか切れてくる(劣化する)ことがわかりました。

切れた輪ゴムをその都度取り替えるのが手間だな…と思ったので、
それを解決するために今回は輪ゴムじゃない方法を考えていました。そこで思いついたのがマジックテープ式の絵手紙の飾り方です。 


マジックテープ式 絵手紙の飾り方


はがきを入れるカードケースを用意します。100円ショップやホームセンターで買えます。写真のものはダイソーで買いました。A6サイズで2枚入りです。A6サイズがハガキを入れるのにちょうどよい大きさです。

シール式のマジックテープを用意します。100円ショップやホームセンターで買えます。 マジックテープは凸側だけ使います。写真ものはダイソーで買いました。私はホームセンターで大量に買います。ホームセンターに行くと、凸側だけのマジックテープが幅2cmくらいで ロール式でメートル販売されています。『1mだけ切り売りしてください』と店員さんに申し出まして購入しています。

適当に切ったマジックテープ(凸)をカードケースに貼ります。

絵手紙を入れます。

クリアケースにたくさん入れたところです(表側から見た) 

裏側から見たところです。

ふかふかしたパネルを用意して、ぺたっとくっつけます。 簡単にはがせますし、絵手紙の入れ替えも簡単です(クリアケース自体がポケット状ですので)。

斜めにも飾れます。
ふかふかした壁があれば、そのままくっつけても良いですね。
将来、光の反射しないケースがでてくると更にうれしいなと思います。

絵手紙の飾り方特集はこちらです。一括で記事を読むことができます。

〈絵手紙教室くぼ田〉

かんたん絵手紙の飾り方~厚紙バージョン

写真のように簡単に壁に立てかけるだけの絵手紙の飾り方のご紹介です。

厚紙の四隅をカッターで斜めに切って絵手紙を挟むだけです。

ちょっとしたスペースに気軽に飾りたい時に良い方法です。

濃い色の厚紙のほうが絵手紙が引き立って良さそうです。

季節に合わせて絵手紙を変えてもいいし、厚紙の色を変えてもいいです。

いらない厚紙は捨てずに押入れにとっておくのが良さそうですね。

かしこい花瓶

絵手紙教室の先生に朗報♪賢い花瓶の作り方を教わりましたのでご紹介しますね。

便利な花瓶。
便利な花瓶

いつも私は題材に使う季節の花を、花が枯れないように(ペットボトルを切ってつくった)花瓶に花を活けたまま、かばんに入れて担いで絵手紙教室へ行ってます。

以前はガラスの花瓶に活けたまま担いでいましたが、電車で揺れたり階段の上り下りをしているうちに、いつのまにか花瓶同士がぶつかってカラスが割れてしまうんですね。それで、近年は1リットルのペットボトルに入れて運ぶようにしていました。

ペットボトルの花瓶は割れないので便利なんですが、月に一度は花を触っているうちに花瓶がひっくり返って机の上が水浸しに・・・、ということが起きてしまいます。「まあ、こぼれるくらいは時々あるでしょう~」と気にしていないのですが。

ところが先日上記の写真のような花瓶の作り方教わったんですね。ペットボトルの上半分をひっくり返してテープでとめています。

口が細くなっているので花瓶が安定しますし、ひっくり返っても水がこぼれにくい。電車で揺れても、車が揺れても水がはねにくそうですね。

まあこれですと、活けられる花の数は少なくなってしまうというデメリットはありますが、通常持ち運びしにくい花弁にボリュームのある花(百合とか彼岸花とかカンナとか)とかであれば、この花瓶のほうが便利そうです。

花を持ち運ぶ必要のある絵手紙の先生方にはとても便利なのではないか、と思い、今日は情報をシェアしてみました!