干支の年賀状絵手紙」カテゴリーアーカイブ

寅年の手書き年賀状絵手紙~虎の描き方~

さて来年は寅年です。ちょっと気が早いですが虎の絵を練習しはじめました。

今後、虎の年賀状のイラスト図案が出来たらこのページにどんどん追加掲載してまいります。ぜひこのページへのショートカットをお手元のスマホやパソコンのデスクトップに保存してくださいね!

縦型にした場合の見本です。

横型にする場合は、体全体が入ります。

縦型でも座った虎でしたらハガキに収まりやすいですね!

虎は中国で神の使いと呼ばれるそうです。

また張子の虎は魔除けとしての役割があるそうです。こちらは三春張子人形の虎ですね。

これからそういったさまざまな虎にまつわる情報もヒントにしながら年賀状のお手本を追記していきたいと思っております。

トラと言えば虎党阪神タイガースですね。12年に一度大手を振って年賀状に大きく虎を描くチャンスですよね!阪神ファンとしては。

虎の写真いろいろ

さて、ここからはカッコイイ虎の写真たちをご紹介いたします。

良いポーズの写真ばかりですね。

寅年の年賀状のアイデアを考える時に良い題材になりそうですね。

阿吽の虎の写真(鞍馬寺)

つづいては虎を簡単に描くとどうなるのかを研究するために、昔京都の鞍馬寺へ取材に行った時の写真です。

鞍馬寺では狛犬の代わりに狛虎がいます。虎は毘沙門天のお使いなのだそうです。

本殿に向かって右(上の写真)の阿形の虎で、

本殿に向かって左側(上の写真)が吽形の虎です。「阿吽」は「あ・うん」で最初と最後が肝心ですよということですね。

とても味のある造形だなと思います。これくらいデフォルメしても虎とわかるデザインは面白いなと思いました。

ところで上の写真に行列があるのが見えますでしょうか? 実はここ鞍馬寺の本殿金堂の前に「金剛床」と呼ばれるスペースがありまして、その中心がパワースポットとしてとても有名なのです。そのため長蛇の列が出来ているんですね。

左は福虎です。魔除け開運お護りです。中央・右は新旧のあうんの虎。正月にしか授与されないそうです。

こちらは同じく鞍馬寺の山門の前の狛虎です。こちらも阿吽の虎です。

毘沙門天 善國寺 阿吽の石虎(神楽坂)

神楽坂で待ち合わせするなら毘沙門さまの前、というのはよくありますよね。こちらでも阿吽の虎がおりました。石虎(狛虎)です。向かって右が阿形、左が吽形ですね。

虎の人形の写真いろいろ 撮影しました!

教室にある虎の人形を写真に撮影してみました。手書きの年賀状のアイデアになればと思います。どうぞ参考にして描いてみてくださいね。

付記

さて今後この「寅年の年賀状絵手紙」のページでは、新たな虎の年賀状見本ができしだい都度追加していく予定です。また虎の描き方動画なども出来しだい追加情報として加えていきたいと思っております。そのほかにも新たに虎の人形などを入手しましたらまた年賀状を描く際のヒントになりそうな写真なども追加掲載していく予定です。ぜひこのページへのショートカットをお手元のスマホやパソコンのデスクトップに保存してくださいね!

今後ともよろしくお願い致します。

【牛】手書きの丑年年賀状。描き方動画その2です。

丑年の年賀状の書き方動画の2本目です!

私のYou Tubeチャンネルでご覧いただけます。

下記からもご覧いただけます。下記の中心の△(三角ボタン)を押すと動画が始まります。音声も入っていますので音量にご注意くださいませ。

この動画の書き方で描いた年賀状例を幾つかご紹介しますね。縦型の年賀状でも良いですし、横型でもよいかと思います。

さっそく生徒さんが描いてくれました。よく出来てますね!!

また、その他の丑年年賀状作品も別のページで少しずつ紹介しています。下記です。クリックしていただくと見られます。

【牛】手書きの丑年年賀状。描き方動画です。

丑年の年賀状の書き方動画の1本目がようやくできました!

私のYou Tubeチャンネルでご覧いただけます。

下記からもご覧いただけます。下記の中心の△(三角ボタン)を押すと動画が始まります。音声も入っていますので音量にご注意くださいませ。

この動画の書き方で描いた年賀状例を幾つかご紹介しますね。うっかりどれも牛の鼻輪を描き忘れてしまいましたが…(笑)。体を、墨に茶色の顔彩絵の具を混ぜて焦げ茶にして塗っても良さそうですね!

また、その他の丑年年賀状作品も別のページで少しずつ紹介しています。下記です。クリックしていただくと見られます。